Linuxのルートにあるディレクトリはどんなものが入ってるのか、何に使われてるのかを調べてみた。

ディレクトリ 説明・使い方
/bin バイナリディレクトリ、GNUレベルのユーザツールが入っている
/boot 起動ファイルの置き場
/dev デバイスノードの置き場
/etc システム設定の置き場
/home ユーザディレクトリ
/lib ライブラリディレクトリ
/media メディアディレクトリ、マウントポイントとして使われることが多い
/mnt マウントディレクトリ、/mediaと近い
/opt オプションディレクトリ、ベンダーのライブラリなどの置き場
/proc プロセスディレクトリ、ハードウェアとプロセスの情報がここに保存される
/root rootユーザのホームディレクトリ
/sbin システムバイナリディレクトリ
/run ランタイム時のデータはここに保存される
/srv サービスディレクトリ、ローカルサービスのファイル置き場
/sys システムディレクトリ、ハードウェアの情報ファイルが保存されている
/tmp 一時保存されるファイル
/usr ユーザ用のパッケージやデータなどが保存される
/var 変更が激しいファイルがここに保存される。ログファイルとか